るりかけすの空は

<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧




頭を空にすること

忙しくて時間がないほどにやってしまうことがあります。
(ありますよね?…ない?)

私はパンを夜な夜な焼くことと、お茶を煮出すこと(しかも何種類も)、そして靴磨き。
授業の準備のために自分の時間があまりに取れなくなると、週に一度は迷惑なくらい大量のキッシュを焼き始めます。
常に何種類ものお茶を煮出せるように、やかんの数がやたらと増えました。
レッスンでは生徒さんの状況に応じたお茶を出していて、皆さんに喜んでいただいているのでこれはこれでいいのかな。
風邪をひいたり、怪我をするたびに草だの瓶だの引っ張り出してきて調合しているからだと思いますが、じいちゃん(息子)からは「おいしゃさんだねぇ」と言われる始末(苦笑)。
パンにもあれやこれやのハーブを入れて焼きます。
(最近のお気に入りはローズマリーかセージにガーリックをプラスしたパン)
もはや「お医者さん」ではなくて「魔女」っぽいような…。

さて、最近、Jean RhysのVoyage in the Darkを読みました。
ドミニカ出身の主人公19歳の可愛い女子Annaが、コーラスガールとしてイギリスへやって来て、誰の子か分からない子どもを身ごもって中絶して死にかける、という話です。
(これだけ書くと、とんでもない話のようですが…汗)
彼女はいつも人々の視線に怯えながら(と私には思えます)、愛に飢えているのですが、その根底には強烈な自己否定感があります。
それは、金銭的自立ができていないという負い目であったり、人種の問題であったり(Annaはプランテーション階級の白人)と複雑です。

それはともかく、Annaが安らぎの瞬間を得るのは、頭が空っぽになる感覚を覚える時です。
そう言ってしまうと、薬でもアルコールでも「頭を空っぽにする」という手段にはなり得ますが、大事なのは「あー、今私は頭の中が空っぽだ」と「感じる」こと、認識できることなのではないでしょうか。

まぁ、わざわざJean Rhysなど引き合いに出したのは、私も頭を空っぽにするためにパンを夜な夜な焼いたり、お茶を煎じていたり、キッシュを大量に焼いているのですよ、という言い訳をしたかっただけなのですが(苦笑)。
頭を空っぽにする時間というのは、大切で貴重だと思うのでした。

来週は同じくリースのGood Morning, Midnightを読みます。
楽しみ、楽しみ。

d0103656_2334748.jpg


d0103656_2362740.jpg

[PR]



by sorapis | 2015-06-24 23:58 | Murmur:つぶやき

シンガーソングライターるりかけすの山と本とサブカルな日々の話。
by sorapis
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30