るりかけすの空は

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧




夏こそカレー、いやいや年中カレー

今年に入ってからカレー作りに凝っている。
きっかけは大好きだったカレーを出してくれるお店に、引っ越してしまったことで通えなくなってしまったこと。
1軒はさいたまにあるタイカレーとキーマカレーをダブルで食べさせてくれるカフェ。もう1軒は駒込にあるインドカレー専門店。
どちらの街にも引っ越してからは訪れる機会がなく、口にすることができない。そこで、それに匹敵するか、あるいはそれ以上の味を求めてあちこちのカレーを食べ歩いているのだが、残念ながらまだ出会えないままである。

タイカレーに関しては辛さとココナッツミルクのバランスが命だが、せっかく辛さが好みであっても、ナンプラーを入れ過ぎているのか塩辛さが勝ってしまっている店がかなり多い。またあまりに具が少ないのもNG。外で食べるからには、フクロダケなど手に入りにくい具材が入っているとかなりはしゃぐ。

インドカレーに関しても然り。インドカレーの場合は辛くなくてはならないが、問題はその辛さ。
一度本気で気絶するんじゃないかと思うような激辛カレーを食べてしまったが(in Belfast)、それは問題外。インドカレーをうたいながら、まったく辛さもパンチのないものも問題外。
先述のインドカレー屋「シャンティ」のカレーは辛いカレーは汗が止まらないほど辛いのに、食べ終わると汗はサッと引き、口の中に辛さも残らず、素晴らしい爽快感だけが残る。
マイルドなココナッツ入りのカレーの方は、辛いけれどほんのり甘くて、やめられないほど後をひく美味しさ。おまけにふっくらモチモチ、ほんのり甘いナンがたまらない。

とまぁ、書いているだけでまた食べたくなってきてしまうのだが、その味が見つからないのなら作ってしまえ、となったのである。
で、私はタイカレー担当、ヤーシャはインドカレー担当となった。
ヤーシャの方は以前からルーを使わないカレーを作り続けて来た人だから、その味に到達するのにそれほど時間もかからなかった。
一方、私の方は何度も試行錯誤をくり返すうちに、だんだん目指す味に近づいている。自分で作れば好きなだけ具を入れることもできるし、辛さの具合も自由自在。
夏はオクラや赤や黄色のパプリカなど、夏野菜をたっぷり入れれば季節感たっぷりだし、辛さをマイルドにしたい時はカボチャやトマトで調整できる。
最近は薄切りにしてこんがり焼いたカボチャを入れたり、刻んだパクチーをたっぷり仕上げにのせるのがたまらない。
先日は新大久保にあるアジアンマーケットで買って来たというホワイトセロリや見たことのない緑色の小ナスを頂いたのでそれも入れて作ったところ、一層アジアの香りがいっぱいに漂うカレーの出来上がり。

そんなわけで、止まらないカレー熱からドライカレーやフレンチカレー、様々なカレーを作っては食す今日この頃。
我が家の台所には所狭しと並ぶスパイスやハーブたち。カレー作りでスパイスの世界に足を突っ込んだおかげで、他の料理にもカレーのスパイスが毎日のように登場。
ガムマサラ、クミン、コリアンダーシード、タイム、バジル・・・どれも東洋西洋問わずとびきり優秀なスパイスたちである。

たかがカレー、されどカレー。
夏こそカレー、ではなく「年中」カレー。
とにかくカレー様々。
我が家にいらっしゃれば、お好みのカレーでおもてなしいたします(笑)。
d0103656_18541964.jpg

大好きなタイカレー(写真上):最近の流行りはグリーンカレーベースにトマトを丸ごと入れ、新鮮なパクチーをご飯の上にたっぷりのせて

d0103656_18551876.jpg

シーフードドライカレー(写真中):フライパンでお米を蒸して作るところからスタート。左からドライカレー、アスパラとパプリカ・きのこの焼きマリネ、カボチャとレッドキドニーのサラダに焼き肉サラダ

d0103656_1859460.jpg

夏野菜とシーフードのトマトカレー(写真下):暑い夏にふさわしくチリパウダーでホットに
[PR]



by sorapis | 2008-07-30 18:52

レコーディング

今日は待ちに待った(でも、心のどこかでは延期したいと思ったりもする)レコーディングでした。

今回録音・編集を一手に引き受けて下さったのは、いつもライブでお世話になっているmona recordsでPAをされている浅田将助さん。
るりかけすがいつも気持ちよく歌えているのはこの浅田さんのおかげに他なりませんが、幸せなことにるりかけすのCD制作を引き受けて頂けることになりました。

まずは暑い昼下がり、私の自宅にてピアノ録りからスタート。
じっとりと汗をかきつつ5曲を録り終え、10種のスパイスとココナッツカレーで鋭気を養ってから下北沢のスタジオへ移動。夜までかかって、何とか歌入れを終えてきました。

何しろ私の場合は時間が限られているので、演奏を確認しながら録る余裕はなく、残り時間を気にしつつひたすら弾き、歌うしかないのです。
それでも出来る限り、曲と共にある映像を、目の前の壁に映し出しながら歌いました、泣かないように。
いつの日かどこか爽やかな高原の別荘で(そんな当てもありませんが)心ゆくまで時間をかけてレコーディング…なんて有り得ない夢を見てみたくなったりしつつ(笑)、帰途についたのでした。

出来上がるまでにはまだもうひとふんばりですが、本当に楽しく、幸せな気持ちで歌ってくることができました。
こんな気持ちで歌わせてもらえるのも、浅田さんのお人柄。才能ですね。
ちなみに浅田さんはアーティストさんとしてもご活躍されています。
そのセンスの良さと素敵な歌声はぜひコチラから。
ぜひステージでもご一緒させて頂きたいものです。

どんな作品になるのかしら。
私にとってライブが何より大事だと思っていましたが、こうして形に残していくことも何て素敵なことなんだろう、と思う今日この頃。
これからジャケットや歌詞カードを作ったり、まだまだ頑張ります。また進行状況もレポートさせて頂きたいと思います。
完成を楽しみに待っていて下さい。
[PR]



by sorapis | 2008-07-26 23:59

愛しい音

ピアノを買ってもらったのは何歳の時だったろう。
習い始めたのは5歳と決して早くはない。が、小学校3年生の時にピアノに夢中になってからは私にとって空気のような存在だった。あまりに好きすぎて、ピアノを勉強机にしたり、ピアノの下に布団を敷いて寝ていたこともあるほど(笑)。絶対に離れたくなかったのだ。

それなのに、このピアノと離れて8年くらいが経ってしまった。その間、実家から持って出た電子ピアノで歌を創るようになり、るりかけすとして活動を始めた。
ライブハウスでピアノを触るたびに、自分のピアノを思い出した。私の第二の言葉であったピアノの音やタッチとはまるで違うのだ。

私のピアノはごくありふれたアップライトで、もちろん国産。でも大好きな音だった。そりゃ、スタンウェイやベーゼンドルファーなどとは比べ物にはならないのかもしれないが、私はその厚みがあるのに温かい音を愛していた。

そのピアノを、とうとう今日実家から引き取った。
嬉しくて嬉しくて、まるで初めてピアノを買ってもらった時のようにどきどきした。
なぜかわからないけれど、動いた指から流れたのはバッハの「主よ、人の望みの喜びよ」と、ショパンのプレリュード「雨だれ」。

あぁ、この音だ。

涙が出た。
音の記憶は、ともすれば映像や言葉よりも生々しい。
流れ出す音を聴いて、目眩を覚えるほど沢山の記憶が溢れ出した。よくこれだけ離れていられたな、と思った。

でも、もうこれからはまた一緒。
多分、私がおばあちゃんになっても一緒。私は再びもうひとつの言葉を手に入れた。このピアノからどんな新しい曲が生まれるのだろう。

さあ、これから手あかと埃のついたピアノを、すみずみまで磨こう。
[PR]



by sorapis | 2008-07-20 14:50 | Murmur:つぶやき

8月14日(木)ライブ詳細

8月14日(木)蒼音とのライブ詳細お知らせです。

・日程: 2008年8月14日(木)
・場所: 大塚 Welcome Back
・時間: 18:30 Open / 19:30 Start
・料金: 2000円+テーブルチャージ500円+1オーダー
・出演: るりかけす/蒼音(ゲスト:燦早)

1年4ヶ月振りとなる「蒼音」との2マンライブ。るりかけすは2つのテーマでステージを組みます。久々のグランドピアノにもワクワクします。
もちろん「蒼音」とのコラボあり!
お盆真っただ中ではありますが、過ぎ行く夏の夜をるりかけすの音楽でお楽しみいただけますように。

〈大塚Welcome Back〉
豊島区南大塚3-44-11 フサカビルB1
TEL 03-5957-5141
[PR]



by sorapis | 2008-07-19 14:29 | Info:お知らせ

2008年7月12日 ライブ@mona records

いつもお世話になっているmonaさんで、初めてのランチライブ。
少しだけランチタイムを意識した曲を選んでみましたが、いかがでしたでしょうか。

照明も落ちず陽光が眩しい中、赤ちゃんが5人もいたりして、いつになく緊張しましたが、たくさんのお客様に囲まれて、ちょっぴり不思議で、とっても幸せな気持ちで歌い切ることができました。

本日のランチセットは、チーズいっぱいタコライス or ジェノベーゼソースのパスタでしたね。本番前、次々と運ばれて来るお料理に「美味しそう〜」と内心舌なめずりをしながら横目でチラチラ見ていた私(笑)。

新曲の『インファント』も無事に歌い終えることができました。
『チイサキモノへ』や『インファント』では、本物の赤ちゃんの声が入ったりなどして、何て絶妙な効果音なのかしら!!と感激しながら(気を散らしながら)歌っていました。

ライブでもお話ししましたが、今月末にはようやく次のCDのレコーディングにも入ります。ライブとどれだけ違うことができるか、今日からまた挑戦の日々です!!
楽しみにお待ちいただければと思います。

今回こういったライブができたのも、monaさんやお客様の理解あってこそです。こうして歌い続けていられるのは皆さんのおかげに他なりません。本当にありがとうございます。そしてこれからも末永くるりかけすをよろしくお願いいたします。

●● セットリスト ●●

1 あこがれ
2 空の鏡
3 チイサキモノへ
4 インファント(New)
5 Sweet Ra Stua
6 スキトオルカラダ
[PR]



by sorapis | 2008-07-12 23:56 | Report:ライブレポ

インファント

さて、今回のライブでも新曲を歌う予定です。
タイトルは『インファント』(infant)。
英和辞典で引くと「幼児、児童」などと出てきますが、元々は「言葉を持たないもの」という意味があるそうです。

この曲はもうすぐ9ヶ月を迎えようとする息子を見ていて湧いて来たもの。旋律も詩も大体が4月のライブの頃には何となく出来てはいたのですが、いつものように歩けども、歩けども完成には近づくことができずにいました。
「もう少し待って次の8月のライブで歌おうかな」と思っていた矢先、ふとこの曲を男性の視点から書いたらどうなるだろうという好奇心が芽生えました。
というのも、以前カバーしたこともあるカナダのシンガーソングライターRon Sexsmith(ロンセクスミス)が息子のことを歌ったあの名曲『Speaking with the Angel』のことが頭をよぎったからです。母親では描けないあの素晴らしい世界、私は本当に愛しています。

そこで、思い切ってほとんど出来上がっていた詩を諦め、ヤーシャさんに詩を依頼。
やはり私の視点からは描けない素敵な詩をすぐに頂きました。この詩は男性の視点からではなく、infant(子ども)が一人称で謳われる世界です。
「あぁ、子どもはこんなふうに世界を見ているのだなぁ」と思いを馳せ、かつては自分もそうして世界を見ていたのかと優しい気持ちになります。

土曜日は、皆さんも瑞々しい気持ちでこの曲を聴いていただければ嬉しいです。

※ちなみにロンの名曲『Speaking with the Angel』は次回のライブでカバーする予定ですのでお楽しみに。


インファント

Lylic:ヤーシャ
Music:るりかけす

窓の外
木々が葉っぱを揺らす
遠い鳥のさえずり 聴こえる
あそこへ
泳いでいってみたい
青い空気
ひとかき ふたかき

木の葉は
少し堅いだろう
枝は
しなりをはね返すか
木肌はひいやりとして
冷たさがのどを潤す
冷たさがのどを潤すだろう

言葉を
名前を知らないから
触って確かめたいことばかり
泳ぎに疲れたのならば
おいしい乳色の眠りの中へ
飛び込んでしまうから


ほほえみ
かけてくるのは誰?
思わず笑顔こぼすのは誰?
栗色
髪をくしゃくしゃにしたり
頬に頬こすりつけたり

両手に抱きすくめられたら
額に口づけ降らせたら
胸の奥で
小鳥が驚いて
羽ばたきを止められないの
羽ばたきを止められないのは
なぜ

言葉を
名前を知らないから
胸を躍らせてみたいことばかり
ダンスに疲れたのならば
おいしい乳色の眠りの中へ
飛び込んでしまえ さあ
早く
[PR]



by sorapis | 2008-07-10 10:42 | Info:お知らせ

Ra Stua

ライブが近づいてきました。
皆さんにお会いできることを楽しみにしながら、こっぴどい夏風邪などもひいて、でも歌い続けているるりかけすです。

さて、2月に歌い始めてから非常にご好評をいただいている『Sweet Ra Stua』。
MCの中で「イタリアアルプスの中の山(というか場所というか)の名前」とお話したかと思いますが、私の表現不足な話ではイメージすら難しいと思うので(苦笑)今回数枚の写真と共にご紹介したいと思います。

Ra Stuaへの道は第一次世界大戦中にもイタリアの重要な要塞となったほど見晴らしの素晴らしいところですが、要塞になるだけに入り口にたどり着くまででも相当に険しい道が続きます。

ここからやっとRa Stuaへの道。
標識に「Ra Stua」の文字が見えますか?
見上げるように垂直に切り立った崖の上へこれから登ります。
信じられないかもしれませんが、「果てしなく遠く/届かないと思えても/歩き続けていれば/いつか辿り着いているから」なのです。
d0103656_122233.jpg


ひたすら『Sweet Ra Stua』を歌いながら数時間歩くこと、ようやく到着したRa Stuaの小屋付近。
これまでの「天(そら)を戴く」ような険しい風景からは想像もつかない牧歌的でなだらかな風景が開けます。
d0103656_15594.jpg


一番の楽しみ。山小屋でのお昼。北イタリアでは主食としてよく食べられているトウモロコシの粉を練った「Polenta(ポレンタ)」ときのこのグヤーシュ(シチューのようなものです)、そして体を温めるには必需品の塩気たっぷりのorzo(麦)と野菜のスープ(写真右)。
ちなみに山岳地方で食べるポレンタは単品では食べられたものではありませんが、このようにシチューなどと合わせればそれなりに食べられます。
でも、昨年恵比寿のイタリアンで「ポレンタ」なるものを食べた時には驚きました。
何とも洗練された見目姿に、これがあのポレンタ!?と叫びたくなるくらい美味しい食べ物だったんですから。さすがニッポン。
それにしても山小屋料理っていうのは呆れるくらいに素朴で(朴訥とさえ言える)塩辛いくせに、何で山の上で食べるとあんなに美味しいのかしら?
d0103656_1144444.jpg

[PR]



by sorapis | 2008-07-10 01:20 | Travel:るりかけすの旅

生命をめぐる旅

私がスタッフとしても働く青山にある旅の本屋BOOK246。
店のサイトで今回は『生命をめぐる旅』というコラムを書いた。
「明日までに」と言われ、書きたい旅の話はいくつもあったが、今しか書けない「旅」のことを書こうと思い、妊娠と出産にまつわる話を書くことにした。

何を旅とするか。
旅行鞄を持って、電車や車、飛行機で遠い街へ出かけるのも旅。
各地の料理に舌鼓を打ちながら、味の世界をめぐるも旅。
本を読んで、あるいは映画を観て、空想の世界に思いを馳せるのも旅。
それを言うなら人生そのものが旅。
「旅」は無限だ。

今回、私は生命をめぐる旅をしたと思っている。
というわけで一部抜粋『生命の旅』。

********************************

登山や砂漠の一人旅にバックパックでの旅。
一度きりの人生、経験できることは何でも経験しておかなければ気 が済まない質の自分だが、妊娠やら出産というものに関しては無縁 の人間だと思っていた。
しかし、ある日突然「それ」はやって来たのである。

生まれて初めてのつわりは、テレビでよく見る「うっ」と口を手で 押さえて流しへ駆け込み、誰かが柱の陰から「○○さん、まさか…」というような生ぬるい?ものではなく、 一日のほとんどをトイレの便器と顔を突き合わせて過ごすようなものであり、匂いとい う匂い、やかんや炊きあがったお米から立ち上ぼる蒸気、 シャワーの湯気さえにも吐き気を催すという想像以上に過酷なものであった。
さらに長かったつわりが明けたかと思えば、切迫早産の診断が下り、出産までの3ヶ月近くに及ぶ入院生活を余儀なくされた。 24時間点滴に繋がれ、薬の副作用で指先の震えが止まらず、心の 安定剤だった「書く」という行為が奪われた。読書をしたくても針を刺した痣だらけの腕ではそれもままならない。
それでも幼稚園児並みの文字で最後まで日記をつけ、あごで支えながら本を読むことを覚えていった。

日に日に少しずつ膨らんでいく腹部を見ながら、自分の身体なのに自分の身体ではないような不思議な感覚が最後まで続いた。 そこに 自分以外の生命体が息をしているということがまるで信じられないのだ。 信じられないながらも、彼との共同生活はいつの間にか当たり前のようになっていった。 顔も知らない誰かとルームシェアをしているような感覚とでも言えばいいだろうか。
四六時中気づくと彼に話しかけるようになっていたし、検査結果が 悪いと言われればひたすら励まし、寝る前の読書に定着した『ユリシーズ』を読み聞かせてはダブリンの街に想いを馳せた。
もう直らないのではと諦めていた逆子も、今さらながら(思い入れ が強過ぎて観ることができないでいた)『指輪物語』のDVDを 観ている最中、 クライマックスで興奮のあまり大泣きしている時 に、彼は見事な大回転を遂げてくれたのだ。 まるで一緒に興奮して くれたかのような感覚にとらわれて、思わずお腹を抱きしめて感動してしまった。

それだけに、出産直後ぺったんこになったお腹を見た時の淋しさといったらなかった。 突然私の中にやって来て、仲良くなったと思ったら急にいなくなってしまったのだから。
その代わりに、目を上げた先には初めて見るふにゃふにゃして真っ赤な、小さい小さい人がいた。 全身で泣いてその存在を訴える姿を見て、私と彼の10ヶ月に及ぶ長い旅路に想いを馳せた。 命が誕生する瞬間というのは、本当にみんなが笑顔だった。 絶対に 忘れてはならない素敵なことだ。

妊娠と出産は、想像以上にドラマチックで、まさに命をめぐる旅 だった。
命とは、生きるとは、闘いであり、やはり素晴らしいもの なのだと知らされる。
彼と共に眺める世界は驚きと喜びに満ち溢れ、産前にも増してたくさんの曲や言葉が生まれてくることがまた嬉しい。
旅と音楽と本をこよなく愛する両親のもとで、彼はこれからどんな 旅に出るのだろう。
人生という長い長い旅の始まり。
そっと、大切に見守っていきたい と思う。


言葉はいらない
生きてこそ夢見る
迷い、祈るとき
思い出して欲しい
君が生まれた朝 みんな笑ってた

『チイサキモノへ』
[PR]



by sorapis | 2008-07-05 02:00 | Travel:るりかけすの旅

7/12(土)ライブ詳細

7月12日(土)の詳細が決まりました。

先日お知らせしたとおり、今回は初のランチタイムライブ。
今回も新曲をお聴かせできる予定です。タイトルは『インファント』。『チイサキモノへ』以来の共作になります。
ランチライブに相応しいプログラムでお届けしたいと選曲に頭を悩ませています。
土曜日の昼下がり、美味しいご飯を食べながらるりかけすの歌をお楽しみ下さいね。
貴重な週末かと思いますが、ぜひお出かけ下さい。お待ちしています!!

2008年7月12日(土)
venue:下北沢mona records
TEL: 03-5787-3326
with:ぱむせ、enortam
open:12:00 start:12:30
※るりかけすは1番目、12:30スタートです。
ticket:1500円+drink(500円)or ランチセット(700円)

※ ランチセットご希望の方は仕入れの関係上、4日前までに私宛にご連絡いただければ幸いです。
[PR]



by sorapis | 2008-07-01 03:13

シンガーソングライターるりかけすの山と本とサブカルな日々の話。
by sorapis
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31