るりかけすの空は

カテゴリ:Food:食べる!( 5 )




山とローストチキン

今年は鶏さんをよく丸焼きにさせていただきました。
スーパーで運良く見つけたりすると、誘惑に勝てず、連れて帰ってきてしまいます(もちろんお代は払います)。
時々2.5kgくらいの鶏さんを前に、わが家の小さなオーブンには入らない!と途方に暮れたりもしますが、ちょっと恥ずかしい格好になっていただいて、入庫していただいています(笑)。

これはつい先日。
夜通し弱火で頑張りました(オーブンが)。
d0103656_450302.jpg

山食、といえばローストチキン。
海外のアパートにはレンジはなくとも立派なオーブンがついていることが多いです。
そうしたらしめたもの!!

下山したら天板の上に玉ねぎとパプリカ、人参、ポテトなどをざっくりとしきつめ、
鶏さんをガシガシとしばったらオリーブオイルをふりかけ、ハーブをワサワサばらまいてオーブンへ。
日本と違ってワット数が倍なので、電気オーブンでも火力はバッチリ。
足の疲れを取っている間にジューシーな鶏さんとその肉汁をたっぷり吸ったグリル野菜のできあがり。


フランスの鶏は巨大でちょっとビビります。それにしてもこのアングルは何だか失礼ですね、しかも焦がしてしまいました。ごめんなさい。
d0103656_4585552.jpg


この子も大きかった!
d0103656_531736.jpg


夜はこれで大満足の夕食を取り、残りは胸の部分を丁寧にそいで、翌日の山行のサンドイッチにはさみます。
ハチミツと粒マスタードを和えたところに肉汁をちょっぴり加えたソースも作っておけば完璧。余裕があればローストして焦げ目をつけたスライスアーモンドも入れられた日には昇天する心地です(大げさでなく!)。これで毎日食べても飽きないお弁当の具材の出来上がり。
ひたすら歩いていると、胃にもたれずタンパク質の高い食事を身体が欲するので、グリルして油が落ちた胸肉はとても理想的な食材なのでおススメです。

実は昨日も買ってしまいました(汗)。
だって、理想的なプロポーションの南部鶏が私の前にいたんだもの。
でも今回は山ではないので、しっかりと詰め物をしてスタッフド・チキンにしたいと思います。しばらくお弁当はサンドイッチ。

最後の写真は番外編でトマトとクリームチーズ、これまたたっぷりのハーブを一緒にはさんだサンドイッチ。ガーリックをたっぷりとこすりつけるとさらに美味です。これはローコストで手間もかからない山では定番の組合せ。
もっとも、山で食べれば何でも美味しいんですけどね(笑)。いや、日本にいるなら絶対おにぎり!!これは譲れません。←これまでしてきた話は何だったの?とツッコミをいれないでくださいね。
d0103656_58649.jpg

[PR]



by sorapis | 2014-12-12 04:42 | Food:食べる!

Merry Christmas!!

今年のXmasは、4年ぶりにオーブンがやってきました。

日常的にオーブンの欠かせない生活をしていたのに、
高価過ぎて手の出ない日本のオーブンレンジに挫折していましたが、
デロンギからサイズもお値段もお手頃なオーブンが出ているのを知ったのはつい先日。

というわけで、ここ2週間はこのコンベクションオーブンが大活躍。
Xmasなのでローストチキンを焼きました。

調べてみると、チキンにつめる具材のレシピの多様さに驚き!!
今回はセロリや人参を様々なハーブやスパイスでパンとていねいに炒めたものをスタッフしました。
皮はパリパリ、お肉はふっくらジューシー。
元々チキンは大好きでしたが、こんなに違うのかと思う出来ばえ。
付け合わせにはローズマリーのパンを焼きました。
ケーキはイヴに友人の才能あふれるパティシエ君が作ってくれたケーキ。
彼のケーキを食べるのが毎年恒例のようになってきましたが、
美味し過ぎて、他のケーキなんて食べられません。
いくらでも食べられてしまう不思議な、不思議な幸せの味。

グラハム・カーのおかげで毎日美味しいものに目がありません。
「世界の料理ショー」
成人病まっしぐら、みたいなレシピのオンパレードですが(笑)。

Merry Christmas!!

d0103656_2544498.jpg
ひもでしばる時がちょっと怖い…

d0103656_255087.jpg
友人作のスペシャルケーキ。どうやったらこんなに美しくクリームをぬれるのかしら!?
[PR]



by sorapis | 2012-12-25 23:42 | Food:食べる!

フェンネルづくし。

フェンネル。
和名で「ういきょう」と言った方がお分かりになる方が多いでしょうか。
漢方でも有名ですが、ヨーロッパでもポピュラーなハーブです。

個人的には胃の調子が良くない時、
身体がむくんでいると感じた時や目が疲れたと感じる時に
ハーブティーとして愛飲しています。
母乳の分泌を促進してくれるので、授乳中は毎日のように飲んでいました。
(味的に「美味しい!」というものでもないのですが…苦笑)

ともかく、「フェンネルを見て摘まないものは馬鹿だ」と言われるほど
効能が多いハーブなのです。

ということは、食べた方がもっと効率的じゃありませんか!
ドライハーブにしなくても立派な野菜ですから、
色々なお料理が作れます。

でも、なかなか手に入らないのですよ。

そんなある日(といっても数日前)、
前職場で開催された東北支援のチャリティマルシェに立ち寄りました。
あったのです、わっさわっさと見事な葉っぱのフェンネルが!!

これがフェンネル。
d0103656_18254465.jpg

もちろんお買い上げ。
食べるクスリのようなフェンネル。
これがどうして、本当に美味しいのです。
というわけで、本日のメニューはフェンネルづくしです。

d0103656_18274688.jpg
手前がメイン、サーモンのフェンネル蒸し。奥がフェンネルのオレンジ煮です。

サーモンはハラスの部分を使い、ジューシーに。
そのかわり、バターではなくオリーブオイルをうすく引いてから赤玉ねぎをしきつめ、サーモン、フェンネルと重ねます。
30分ほどで出来上がり。
仕上げに赤玉ねぎのスライスをちらし、レモンをたっぷり絞っていただきました。

奥のオレンジ煮は、当日ストールにいらした愛読雑誌『旬はまるごと』の編集長さんにお伺いしたレシピで、オレンジジュースとバター、お砂糖でフェンネルの茎部分を煮てみました。
ちなみにお砂糖は我が家愛用のてんさい糖を使用。
ピンクペッパーを仕上げにちらしてみたところ、
甘味がピリッとひきしまりとっても美味。
どこかルバーブの甘煮を思い出させる味でした。

お茶にしても良し、食べても良し。
「医食同源」とはまさにこのことです。
暑さを乗り切るレシピを色々と考案中の今日この頃です。
ごちそうさまでした!
[PR]



by sorapis | 2011-06-29 19:00 | Food:食べる!

はちみつとバター

はちみつとバター。

これ、ものすごく好きな組み合わせ。
山へ行くたびに1年分くらいのはちみつとバターをどっさりと買い込んでしまう。
アルプスを訪れると、様々なアルプスの花々から取れるはちみつが
目移りしそうなほど店に並び、安価で手に入るのだ。

そんなふたつを合わせた最強のソース。
塩こしょうをもみこんだ鶏肉を皮からパリッと焼いて、
バターとはちみつをからめるだけ。

こんなシンプルなのに美味しいんだよなぁ。

d0103656_23292525.jpg
奥は春のにんじんが出回る頃から定番になる、にんじんのグラッセ風スープ。
生クリームと山盛りのディルが甘い春にんじんとピッタリなのです。
[PR]



by sorapis | 2011-05-28 23:18 | Food:食べる!

春も食欲。いつも食欲。

つい先きごろまで、休日の来客にかこつけて料理ばかり。
慌ただしい日常からの逃避もかねて!?
食べたいものばかりオンパレードで作っておりました。

こんな時こそ野菜を山ほど買って、山ほど作りましょう、というわけです。
まずは内需拡大作戦。

d0103656_0144595.jpg
ルッコラとトマトのサラダ、人参のガムマサラ風味マリネ、
ホワイトアスパラの生ハム巻き、ボークステーキアップルソース。
付け合わせは春ネギたっぷりのマッシュポテト。
春爛漫です。


d0103656_204660.jpg
奥から菜の花とブラックオリーブのパスタ、アボカドとトマトのサラダ、
ミートローフ(飾りはやたら大きくなってしまったイタリアンパセリ 汗)


d0103656_0553393.jpg
こちらはオリーブオイルを回しかけ、ジュウジュウ焼いただけですが。
ホウレンソウのサラダ、チキンと初もの野菜のグリル。
ヤングコーンは缶詰じゃありませんよ、念のため(笑)。
[PR]



by sorapis | 2011-05-15 00:10 | Food:食べる!

シンガーソングライターるりかけすの山と本とサブカルな日々の話。
by sorapis
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30