るりかけすの空は

クリスマスプレゼント~忘れていたもの~

子どもの頃、決まってクリスマスプレゼントに頼むのは図鑑だの本だった。しかも普段では買えないような大型の本。自分でも買って、年末に読みふけるというのが最高の贅沢だと思っていた。結局は目先にある娯楽や家の手伝いにかまけて、ほとんど読み終えることなどできないのだが…(苦笑)。
さて、本題。今年のクリスマスプレゼントはかなり早くに決めていた。本ではないが、大好きなドイツの作家、エーリッヒ・ケストナーの『飛ぶ教室』のDVD。クリスマスにピッタリだ。
 私自身は10月にこの映画を観た。そして、子供にだって立派な世界、子供の社会があったことを思い出した。その世界の中で、子供たちは大人と同じように悩み、闘い、笑い、精一杯生きている。子供だったからこそ必死だった。必死になれた。
 この映画を観て、忘れていたものが胸に溢れた。
d0103656_2246485.jpg
そして、ヨーハン先生の子供たちを見守る視線のあたたかさに涙が溢れた。
厳しく叱っても、最後は褒める。教育の原点を見た気がした。先生の言葉は私の中にいる子供の心に響いた。自分もこんな先生に出会えていたら、と思いながら…。
子供たちの演技も思わず笑みがもれるほどそれぞれに素晴らしく、映画としての完成度も高いと思う。ケストナーは児童文学としての位置づけをされているが、ぜひ大人に観てもらいたい作品。
[PR]



by sorapis | 2006-12-24 22:00 | Review:カルチャー

シンガーソングライターるりかけすの山と本とサブカルな日々の話。
by sorapis
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31