るりかけすの空は

SHERLOCK!!


あぁ、もうどっぷりとハマってしまいました、SHERLOCK(笑)。
言わずと知れた、カンバーバッチがiPhone駆使して早口でまくしたてる、BBC放映の『シャーロック』です。
ハマったのは昨年12月末のことですが、元々4年近く前からDVDは持っていたのです。
なぜか、当時大好きだった『MERLIN(マーリン)』(ライブのMCで何度か力説しておりましたが)のDVDを購入する際に同時購入していました。
なのに、「うーん、シャーロック・ホームズか〜。しかも早口過ぎて英語が聴き取れない…」と放置していました(じゃあ何故買ったのか、自分でも覚えていないのですが)。

それが、半年ほど前にWhite Colorというドラマを観てから、犯罪モノもストレス解消に良いわよね〜と思うようになり、昨年の暮れに何となく観てみたわけです。
そして、もうこれを聴かずしてどうするというくらい愛聴する毎日です(観られないので)。

で、誰が好きかと言うとジョン・ワトソン(マーティン・フリーマン)と、ジム・モリアーティー(アンドリュー・スコット)に首ったけなのですが、それ以上とも言えるのがこの脚本も担当しているマーク・ゲイティス。
マークはシャーロックの兄役のマイクロフト・ホームズも演じています。
で、マークについては League of Gentlemanというハチャメチャなコメディ時代からそれはもう好きで、まさかこんな形で再会できるとは思えませんでした。
彼は本当に天才だと思います。
←脳みその構造を見られるのなら見てみたい人の一人。
さらに、レストレード警部役の役者さんは、私の最も敬愛する映画の5本指には入るA Room with a View(邦題『眺めの良い部屋』)で、主人公ルーシー(若き日のヘレナ・ボナム・カーター)の弟フレデリックを演じていて、ものすっごい可愛い男の子でした。
それがすっかりおじさんになっていたので(当り前)、気付いた時は画面の前で思わず絶叫しましたが(苦笑)。
うーん、でも主人公のカンバーバッチも彼しか考えられないし、モリー・フーパー役のルイーズ・ブリーリーは見れば見るほどキュートで大好き。

何だかもう大好き全開で、長い通学時間はいつも音声だけ聴きながらニヤニヤしています。
ゼミには先日ロケ現場を観ていらっしゃった先輩がいらっしゃって、大いに興奮させていただきました。
好きなものがあるって幸せだなぁ。

さて、同じくかなり前に買ってまだ観ていないのが『ダウントン・アビー』。
シーズン1までは観賞済みですが、DVDはUK版なので、早々にシーズン4まで持っています。
早く続きが観たいけれど、恐らく続きは夏休みになるだろうなぁ。

いつまでも逃げていないで、Raymond Williams読みます(汗)。
(あああああ、まだ10ページ近くある…涙)
[PR]



by sorapis | 2015-04-10 00:59 | Review:カルチャー

シンガーソングライターるりかけすの山と本とサブカルな日々の話。
by sorapis
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31