るりかけすの空は

フェンネルづくし。

フェンネル。
和名で「ういきょう」と言った方がお分かりになる方が多いでしょうか。
漢方でも有名ですが、ヨーロッパでもポピュラーなハーブです。

個人的には胃の調子が良くない時、
身体がむくんでいると感じた時や目が疲れたと感じる時に
ハーブティーとして愛飲しています。
母乳の分泌を促進してくれるので、授乳中は毎日のように飲んでいました。
(味的に「美味しい!」というものでもないのですが…苦笑)

ともかく、「フェンネルを見て摘まないものは馬鹿だ」と言われるほど
効能が多いハーブなのです。

ということは、食べた方がもっと効率的じゃありませんか!
ドライハーブにしなくても立派な野菜ですから、
色々なお料理が作れます。

でも、なかなか手に入らないのですよ。

そんなある日(といっても数日前)、
前職場で開催された東北支援のチャリティマルシェに立ち寄りました。
あったのです、わっさわっさと見事な葉っぱのフェンネルが!!

これがフェンネル。
d0103656_18254465.jpg

もちろんお買い上げ。
食べるクスリのようなフェンネル。
これがどうして、本当に美味しいのです。
というわけで、本日のメニューはフェンネルづくしです。

d0103656_18274688.jpg
手前がメイン、サーモンのフェンネル蒸し。奥がフェンネルのオレンジ煮です。

サーモンはハラスの部分を使い、ジューシーに。
そのかわり、バターではなくオリーブオイルをうすく引いてから赤玉ねぎをしきつめ、サーモン、フェンネルと重ねます。
30分ほどで出来上がり。
仕上げに赤玉ねぎのスライスをちらし、レモンをたっぷり絞っていただきました。

奥のオレンジ煮は、当日ストールにいらした愛読雑誌『旬はまるごと』の編集長さんにお伺いしたレシピで、オレンジジュースとバター、お砂糖でフェンネルの茎部分を煮てみました。
ちなみにお砂糖は我が家愛用のてんさい糖を使用。
ピンクペッパーを仕上げにちらしてみたところ、
甘味がピリッとひきしまりとっても美味。
どこかルバーブの甘煮を思い出させる味でした。

お茶にしても良し、食べても良し。
「医食同源」とはまさにこのことです。
暑さを乗り切るレシピを色々と考案中の今日この頃です。
ごちそうさまでした!
[PR]



by sorapis | 2011-06-29 19:00 | Food:食べる!

シンガーソングライターるりかけすの山と本とサブカルな日々の話。
by sorapis
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30